保険の情報サイト【インズネクスト】β

保険金額の決め方

終身保険 比較

終身保険を加入するにあたり、保険金額の設定はどのようにすれば良いのでしょうか。終身保険の保険金額の決め方について詳しく見ていきましょう。

死亡保障の加入目的から保険金額を決める

終身保険の保険金額を決める上で1番大事なことは、死亡保障の加入目的を明確にすることです。

残されたご家族に何のためにお金を残すのか、何のために使ってほしいのかを明確にしましょう。

終身保険は一生涯の保障である代わりに、残されたご家族に残すお金をすべて終身保険で備えようとした場合、保険料は非常に割高になります。そのため、終身保険として高額の保険金に加入することは難しいですが、葬儀代やお墓代として残されたご家族が約500万円受け取れる終身保険でしたら、保険料は低く抑えることができ、また一生涯保障である終身保険の加入目的に合致しています。

まずは死亡保障の加入目的を明確にした上で生命保険選び、保険金額を決定すると良いでしょう。

解約返戻金から保険金額を決める

終身保険の特徴の一つである貯蓄性により、解約返戻金から保険金額を選ぶという方法があります。

いつの時点でどれだけの解約返戻金が受け取れるかについては、保険設計書に記載してありますので、老後の備えなど長期的な視点で貯蓄に備えたい場合は解約返戻金から保険金額を決めることも出来ます。

しかし、生命保険の本来の目的である、残されたご家族に適切なお金を残すということを忘れずに、必要な死亡保障は別で備えておくと良いでしょう。

保険金の選び方が分かりましたら、次は保険料払込期間の選び方について見ていきましょう。

<< 終身保険の選び方終身保険 比較保険料払込期間の選び方 >>



会員登録 ログイン