保険の情報サイト【インズネクスト】β

定期保険の仕組み

定期保険 比較

定期保険の仕組みについて、詳しく説明していきます。定期保険の基本的な仕組み、保障の内容について見ていきましょう。

定期保険の基本的な仕組み

定期保険の基本的な仕組みは、「保険金」「保障期間」「保険料」によって成り立っています。

・保険金

保険金とは、保険の対象の方が亡くなった時に残された家族が受け取るお金を指します。亡くなった場合に限らず、高度障害状態となった場合においても保険金を受け取ることができます。

・保障期間

保障期間とは、保険の対象の方が亡くなった時に保険金が受け取れる権利が続く期間を指します。保障期間が1日でも過ぎた場合は亡くなった場合でも保険金が受け取れませんので、保障期間が有効に継続しているか確認する必要があります。

・保険料

保険料とは、定期保険を持つためにかかる費用を指します。保険料を支払う方法は4種類あり、毎月支払う「月払」、半年に1回しはらう「半年払」、年1回支払う「年払」、1回で支払いを終了させる「一時払」です。
月払、半年払、年払における保険料を支払い続ける期間は、定期保険においては保障期間中です。

定期保険の基本的な保障

定期保険における基本的な保障は、契約の根幹となる主契約とオプション契約となる特約によって成り立っています。主契約は、保険の対象となる方が亡くなった時に残された家族が受け取れる死亡保険金であり、特約には主契約と補てんする死亡保障、主契約の保障内容とは異なる医療保障などがあります。

主契約はそれ単体で契約することができますが、特約は主契約とセットでしか契約できませんので注意が必要です。

定期保険の仕組みが分かりましたら、次は定期保険の種類について見ていきましょう。

<< 定期保険とは定期保険 比較定期保険の種類 >>



会員登録 ログイン