保険の情報サイト【インズネクスト】β

定期保険とは

定期保険

定期保険とは、生命保険の一つで、保険の対象となる方が亡くなった時に残された家族にお金を残すための保険の一つです。「死亡保険」の一つとも言います。

定期保険について見ていきましょう。

定期保険の仕組み

定期保険は、生命保険の仕組みと同様に、主契約と特約によって成り立っています。主契約は根幹となる保障で、死亡保障と呼ばれる、保険の対象の方が亡くなったときに残された家族にお金を残す保障です。

まずは主契約としての死亡保障を決め、オプション契約としての特約に何を付ければ良いかを選ぶと良いでしょう。

定期保険の仕組みについて、さらに詳しく知りたい方は、「定期保険の仕組み」をご覧下さい。

定期保険の種類

定期保険の種類は、平準定期保険逓減定期保険収入保障保険の3種類があります。

・平準定期保険

もっとも一般的な定期保険を指し、保障を受けられる期間中、いつに亡くなった場合でも同じ額のお金を残すことができます。

・逓減定期保険

平準定期保険と違い、保障を受けられる期間中、毎年残された家族に残せるお金が減っていきます。

・収入保障保険

収入保障保険は、単体として非常に有名となった保険ですが、これも定期保険の種類の一つです。収入保障保険について詳しく知りたい方は「収入保障保険とは」をご覧ください。

定期保険の種類について、さらに詳しく知りたい方は、「定期保険の種類」をご覧下さい。

定期保険の必要性

定期保険は他の生命保険と比較しても、もっとも保険料が安い死亡保険です。掛け捨て保険とも呼ばれますが、定期保険の特徴をきちんと理解し、その必要性について知っておく必要があります。

定期保険の必要性について、さらに詳しく知りたい方は、「定期保険の必要性」をご覧下さい。

<< 定期保険 比較定期保険の仕組み >>



会員登録 ログイン