保険の情報サイト【インズネクスト】β

女性のための個人年金保険の選び方

個人年金保険 比較

女性のための個人年金保険の選び方では、女性が個人年金保険を選ぶ際にどう考えたらいいのかについて紹介します。

女性は貯蓄性のある保険に関心が強い傾向があるようです。最近では老後の経済的リスクに備え、未婚・既婚問わず個人年金保険を検討する女性が増えてきました。老後の準備はいきなりはできません。若い時期からコツコツと準備する必要があります。

老後の備えとしての個人年金保険

生命保険文化センターの調査によると、老後の準備をしていると回答した女性は30代から急に多くなっています。最も多いのが50代で、お子さまが独立し生活に余裕が出てくる年代でもありますが、定年を控え老後の生活設計がリアルに感じられる年でもあります。

資産運用として最近人気があるのが個人年金保険です。年金と聞くと老後をイメージするように、個人年金保険も50代や60代の人が加入する保険だと思っている人も多いのですが、実際には30代や40代のうちに加入する人も増えています。個人年金保険は生命保険会社が販売している私的年金で、公的年金と同じように、毎月契約時に決められた額を受け取ることができる保険です。

公的年金を受け取ることができない60歳から65歳までの間、公的年金を受給するまでのつなぎとして活用されたり、公的年金では足りない生活費を賄うために個人年金保険が利用されています。

個人年金保険の保険料と支払方法

個人年金は、例えば25歳で加入し、60歳で年金受取開始するといったように、長期間お付き合いしなければならない保険です。25歳から60歳まで保険料を毎月支払う契約にした場合、女性は結婚や出産などで仕事を辞めるタイミングで個人年金を解約してしまう方もいます。

女性は、結婚・出産で仕事を辞める可能性があるということも考え、無理のない保険料にしなければなりません。20代・30代の女性の中には現時点では結婚、出産といったライフプランが立てられないといった方もいらっしゃるでしょうし、40代・50代の女性の中には既にまとまったお金が用意できている方もいらっしゃると思います。そのような方には、一時払いや全期前納といった支払方法で個人年金保険に加入する方法もあります。

個人年金保険は、さまざまな保険の中でも選び方が一番難しい保険といえます。

・いつ加入するのか?(もちろん若い方が保険料は割安です)
・保険料払込期間をどうするのか?
・保険料の支払い方法をどうするのか?(全期前納が一番返戻率は高いです。一時払は個人年金保険料控除が使えません)
・毎月の保険料をいくらにするのか?
・年金受取開始をいつにするのか?(保険料払込期間後に据置期間をおいてから受取開始した方が返戻率は上がります)
・年金受取期間を何年にするか?(個人年金保険料控除を使う場合は、受取年齢60歳以上で、年金受取期間が10年以上必要です)

これらの点を明確にして、個人年金保険を選ぶとよいでしょう。


会員登録 ログイン