保険の情報サイト【インズネクスト】β

年金額の選び方

個人年金保険 比較

個人年金保険における年金額を選ぶにあたり、大事なポイントは生活費の補てんが出来ているかです。年金額を選ぶときの選び方について、詳しく見ていきましょう。

年金額とは

年金額とは、個人年金保険の受け取り開始から毎年受け取れるお金を指します。年金は通常、1年に1回受け取ります。
年金額の総額は、1年に受け取れる年金額、年金が受け取れる受け取り期間を掛けることによって算出できます。

年金額を決める際の注意点

年金額を決める際の注意点は、月換算するといくら使えるかです。年金額は1年で受け取れる金額ですので、12で割ると1ヶ月あたりに割り当てられる金額が分かります。

1ヶ月の生活費にいくら必要で、公的年金など他の収入としていくら受け取ることができ、不足分を個人年金保険で補てんできているかなど、1ヶ月単位に落とし込むことでより明確になります。

1ヶ月あたりに必要な金額から12を掛けた金額を年金額に設定すると良いでしょう。

年金額の決め方

では実際に年金額をいくらを選べばよいのでしょうか。年金額の選び方には、年金をいつ受け取りたいかによって金額が大きく異なります。

年金の受け取り時期には2種類あり、「定年退職後から年金受給開始まで」「年金受給開始後」です。

・定年退職後から年金受給開始まで

定年退職後から年金受給開始までの間は、仕事による収入がなく、公的年金などの収入もない無収入期間となります。
この無収入期間を個人年金保険で備えようとした場合、年金額は非常に高額となります。

預貯金を切り崩すか、パートやアルバイトをして収入を得るなどの方法がありますが、毎月の生活費の3分の1程度を個人年金保険で備える準備をしておくと良いでしょう。

・年金受給開始後

年金受給開始後は、公的年金により安定した収入はありますので、ご家族がどのような生活を送りたいかによって1ヶ月に必要な生活費を算出し、年金額を設定すると良いでしょう。

ただし、年金受給開始以降には、十数年から数十年生活していくことになるため、一生涯の年金を備えようとした場合、積み立て額が非常に高額になりますので注意が必要です。

年金額の決め方が分かりましたら、次は受け取り期間の選び方について見ていきましょう。

<< 個人年金保険の選び方個人年金保険 比較受け取り期間の選び方 >>



会員登録 ログイン