保険の情報サイト【インズネクスト】β

老後を取り巻く環境の変化

個人年金保険 比較

個人年金保険を見直すにあたり、老後を取り巻く環境の変化についてまずは説明していきます。社会保障制度の変化の中でも、もっとも老後の生活に影響を及ぼすのが年金です。

年金について、詳しく説明していきます。

年金とは

まずは年金とは何かについて知りましょう。年金は根幹となる部分で、成人を迎えた方は全員が加入する義務があるのが国民年金です。

国民年金は現在、20歳から60歳までの40年間毎月支払い続けると、65歳から毎年772,800円が受け取れます。支払っている期間が40年に満たない場合は、受け取れる年金額もそれに応じて減ります。

次に、サラリーマンの方が加入する保険として、国民年金の他に厚生年金があります。厚生年金は自営業の方や公務員の方は加入することができず、サラリーマンの方だけが唯一加入できる年金です。厚生年金は加入年数、加入期間中の平均年収によって受け取れる金額が違います。

ご自身が受け取れる年金額を知りたい方は、年に1回郵送で送られるねんきん定期便に記載されていますので、確認してみてください。

年金に関わる環境の変化

老後に受け取れる年金は、以前は60歳からでしたが、今は65歳からとなりました。この受け取り開始年齢は、今後さらに遅くなると言われています。

原因は、少子高齢化や国民年金加入者の減少など様々あります。年金の受給開始が遅くなったとしても安定した生活が送れるよう、ご自身で備えておく準備をする必要があります。

<< 個人年金保険の見直し個人年金保険 比較個人年金保険を切り替えるには >>



会員登録 ログイン