保険の情報サイト【インズネクスト】β

個人年金保険の必要性

個人年金保険 比較

個人年金保険の必要性について説明していきます。個人年金保険加入の1番の目的は老後への備えです。預貯金や様々な金融商品など、老後へ備える方法はいくつかありますが、個人年金保険はなぜ必要なのでしょうか。

個人年金保険の必要性について見ていきましょう。

生命保険料控除の対象

生命保険料控除とは、年末調整や確定申告を行う際に、加入している生命保険料が1年間の必要支出と認められ、所得から控除することで所得税・住民税の優遇が受けられるというものです。

生命保険全般において生命保険料控除の対象となりますが、個人年金保険においても対象です。預貯金や他の金融商品にはない、生命保険に限られた優遇制度です。

個人年金保険を積み立てる期間は数十年に及ぶため、その期間中の控除額を加算すると、個人年金保険の利率はさらに良くなります。

積み立て期間中もメリットを受けることができ、積み立て利率においても預貯金などよりも利率が高いため、効率よく老後の資産を築くことができる方法の一つです。

公的年金の補てん

現在、65歳以降の老後は国民年金・厚生年金などの公的年金を受け取ることができます。

公的年金の受け取り額は、積み立て期間中の積み立て期間、積み立て額によって異なりますが、現在、公的年金のみでは夫婦2人で生活していくには足りない状況となっています。

統計データによると、老後の夫婦2人でゆとりある暮らしをする場合、必要な毎月の生活費は36万6,000円必要と言われています。最低の日常生活を送るためには、22万3,000円が必要と言われています。

これに対し、公的年金で受け取れる金額は平均約24万円ですので、最低限の生活のみしか保障されていないことになります。

老後にゆとりある暮らしを送るためにも、個人年金保険などご自身で積み立てておく必要があります。

個人年金保険の必要性が分かりましたら、ライフプランシミュレーションを通して定年退職後、老後に必要な金額を確認し、また最適な個人年金保険は何か確認してみてください。

<< 個人年金保険とは個人年金保険 比較ライフプランシミュレーション >>



会員登録 ログイン