保険の情報サイト【インズネクスト】β

女性のための医療保険の選び方

医療保険 比較

女性のための医療保険の選び方について説明していきます。女性が医療保険を検討するにあたり、通常の医療保険と女性専用医療保険との違いは何か、女性はどのような保障が必要なのか分からないのではないでしょうか。

女性のための医療保険選びについて詳しく見ていきましょう。

女性専用医療保険とは

はじめに、女性専用医療保険について説明していきます。現在、通常の医療保険以外に女性専用と記載されている医療保険は数多くありますが、その違いとは何なのでしょうか。

女性は男性には発症しない女性特有の病気が数多くあります。乳がんや子宮がん、子宮筋腫や子宮内膜症などがその代表例です。また、女性は人生の中で出産を経験します。女性専用医療保険は、このような女性特有の病気により入院・手術を行ったときに、通常の保障に上乗せして保障を受けることができます。

通常の医療保険において女性特有の病気となったときの保障を備えようとした場合、女性専用医療保険に加入する場合よりも保険料は高くなります。女性専用医療保険は、女性特有の病気の場合に限定して保障を上乗せするため、保険料を抑えることができます。

また、女性専用医療保険の特徴の一つとして、健康祝い金などのボーナス特典が付いていることがあります。5年や10年などの一定期間に医療保険を利用しなかった場合に、健康お祝い金として数万円を受け取ることができます。

健康祝い金付きの医療保険は通常の医療保険よりも保険料は高いです。保険料の一部を健康祝い金の支払いのために別のお財布に入れて運用しておき、健康お祝い金として返還しています。健康祝い金は一定期間中、一度でも医療保険を利用すると受け取る権利がなくなるため、貯蓄代わりとしての機能はあまりないと言えます。

女性が医療保険に加入するのはいつか

続いて、女性は医療保険にいつ頃加入するのが適切なのでしょうか。統計データによると、女性特有のがんである乳がん・子宮がんが原因により死亡する割合は25歳から徐々に上がり始め、30歳以降は急激にその割合が高くなっていきます。

また、20代後半から結婚・出産をされる方が非常に多くなっていきます。出産の場合を見てみますと、切迫早産や帝王切開により出産をした場合、医療保険の保障の対象となります。切迫早産により予定よりも早く入院した場合は入院保障、帝王切開をした場合は手術保障の対象となります。

このような理由から女性が医療保険に加入するタイミングは、20代前半から、かつ独身の時が適切でしょう。

医療保険選びをサポートするライフプランシミュレーター

INSNEXTでは、医療保険選びをサポートするライフプランシミュレーターをご用意しています。ご自身が気になる病気から実際にその病気にかかってしまった場合にどの程度の費用が必要になってしまうかを簡単にご確認いただくことができます是非一度お試しください。 2014-11-11 12:31:06にアップロードした画像


会員登録 ログイン