保険の情報サイト【インズネクスト】β

入院日型の選び方

医療保険 比較

医療保険の入院日型を選ぶにあたり、大事なポイントはどこまで備えておきたいかです。

入院日型を選ぶときの注意点も含めて、詳しく見ていきましょう。

入院日型とは

入院日型とは、1回の入院あたりに給付金が受けられる日数の制限のことを指します。現在、60日型、120日型などがあり、これは入院して1日目から60日目まで、120日目まで給付金が受けられることです。

1回の入院日数の制限は60日、120日と決めますが、医療保険を持っている間は、通算して1,000日まで入院給付金が受けられるのが主流です。

入院日型を選ぶときの注意点

入院日型を選ぶときの注意点は、再入院の可能性まで備えるかです。入院日型は1回の入院あたりに給付金が受けられる日数の制限を指すと言いましたが、1回入退院したあとに、また入院日数の制限が元に戻るには180日間の待機時間が必要です。

詳しく説明すると、60日型の医療保険に加入しており1回目の入院に40日かかったとします。この40日間は問題なく給付金を受取ることができますが、残りの日数制限は20日となってしまいます。

この日数制限が元の60日に戻るまで、最後に退院してから180日間待たなければならないため、180日以内の間に再度入院し、次は30日間入院した場合は最初の20日分しか給付金が受け取れないのです。

再入院の可能性まで備えたい方は、余裕をもった日型を選ぶと良いでしょう。

入院日型の選び方

入院日型とは、入院日型を選ぶときの注意点を見てきて、では実際何を選べばよいのでしょうか。
入院日型の1つの参考として紹介します。

・初回入院のみを備えたい方

再入院するかもしれないけれど、どれだけの可能性があるか分からないので、初回入院のみを備えたいという方は60日型が良いでしょう。
病気別平均入院日数・費用にもあるとおり、病気により1回入院する日数は全部60日以内におさまっています。

・再入院まで備えたい方

初回入院だけでは不安で、再入院まで含めて備えたいという方は120日型が良いでしょう。
120日型あれば退院後すぐに再入院しても、再入院分の入院費用を補てんすることができます。

入院日型の選び方が分かりましたら、次は保障期間・保険料払込期間の選び方について見ていきましょう。

<< 医療保険の選び方医療保険 比較保障期間・保険料払込期間の選び方 >>



会員登録 ログイン