保険の情報サイト【インズネクスト】β

入院日額の選び方

医療保険 比較

医療保険の入院日額を選ぶにあたり、大事なポイントは何について備えておきたいかということを考えることです。ここでは、「入院、手術の費用に備える」ケースと「入院中の収入減少に備える」ケースの2つのケースについて見ていきたいと思います。

入院、手術にかかる費用に備える

医療保険の保障の根幹となる、入院、手術をしたときにかかる費用だけを備えたい場合を考えていきましょう。

現在、日本では、高額療養費や傷病手当金などの様々な医療制度が整っています。医療にかかる自己負担額は3割負担となっていますので、この自己負担額に備える場合には日額5,000円あれば十分でしょう。

ただし、入院中に個室を選んだり、大学病院など大規模な病院で治療をしたいという方は、日額10,000円は必要でしょう。

入院中の収入の減少にも備える

入院中は仕事を休まなければならないため、収入は減ってしまいます。有給休暇の取得だけで社会復帰できれば問題ありませんが、できなかった場合、収入は以前よりも減ってしまいます。

入院、手術をしたときにかかる費用だけでなく、入院中の収入の減少にも備えたい場合はどれくらいの入院日額が必要でしょうか。

入院により、毎月の収入がいくら下がってしまうかを計算し、その下がってしまう額を30日で割れば1日あたりの入院日額に追加しなければいけない金額が分かります。1ヶ月で15万円の収入の減少がありそうな方は日額5,000円を治療費とは別に追加しておかなければならないため、日額10,000円以上は必要でしょう。

入院日額の選び方が分かりましたら、次は入院日型の選び方について見ていきましょう。

<< 医療保険の選び方医療保険 比較入院日型の選び方 >>



会員登録 ログイン