保険の情報サイト【インズネクスト】β

妊娠・出産に関わる医療制度

医療保険 比較

女性に対する医療制度の一つである出産に関わる制度について説明していきます。女性にとって出産は、体へのリスクがあるだけでなく、仕事を休業しなければならないなど経済的リスクもあります。医療保険とも関わる部分ですので、出産に関わる制度をぜひ確認してください。

出産に関わる制度は何があるか見ていきましょう。

出産育児一時金直接支払制度

出産育児一時金直接支払制度は、その名前自体は非常に難しい言葉が並んでいますが、出産をするとお金がもらえるのがこの制度です。ではいくらもらえるのでしょうか。

出産一時金の支給は、妊娠4ヶ月以上の出産であれば支給対象となっており、一時金として42万が受け取れます。出産をされる奥様が妊娠前に仕事をされていて、育児休業中に健康保険を継続していた場合は付加給付として、42万円に加えて3万円が追加で給付されます。

出産手当金

出産手当金は、出産のために会社を休み、その間に収入がなくなってしまった場合に加入している健康保険組合から収入の支援が受けられる制度です。出産前42日から出産の翌日以後56日目までの範囲で手当が受けられます。

手当金は、仕事をしていた時に受け取っていた月収を30分の1した額を標準報酬日額として、その3分の2に相当する金額を1日あたりに受け取ることができます。

傷病手当金と同じ内容の制度ですが、傷病手当金を受け取っていた場合、出産手当金が優先されます。

医療保険における出産の給付

医療保険においても出産に関わる給付を受け取ることができます。医療保険は、不測の事態により費用が発生した場合における支給です。

具体的にどのような場合か紹介すると、出産前では切迫早産により想定よりも早く入院しなければならなくなった場合です。通常出産直前に入院をしますが、切迫早産は早い方であれば1ヶ月前以上から入院をするため、この入院にかかる費用が支給されます。

また出産中では、自然分娩ではなく帝王切開となった場合、これによる手術費用も医療保険の支給対象です。1度帝王切開をされた方は次以降の出産は必ず帝王切開となるため、帝王切開による出産後に医療保険に加入しても、医療保険の支給対象外となるため注意が必要です。

医療保険を見直すにあたり、様々な制度の確認ができましたら、実際どのような医療保険へ見直せばよいか、ライフプランシミュレーションを通して確認してみてください。

<< 医療保険の見直し医療保険 比較ライフプランシミュレーション >>



会員登録 ログイン