保険の情報サイト【インズネクスト】β

生命保険の選び方

生命保険

生命保険を選ぶにあたって、何を基準に選べばよいのでしょうか。保険金はいくらが適切なのか、保険料はいくら支払うのが適切なのか、特約は何を付けるべきなのか、考えなければいけない事は沢山あります。

それぞれの項目について生命保険の選び方を見ていきましょう。

まずは、保険金額を決める

保険金を選ぶにあたり、まずは何のためのお金なのかを明確にしましょう。生命保険は残された家族のために残すお金ですが、そのお金は何のためのものでしょうか。
お金を残す目的の代表的なものとして、残された家族の生活費のためやお子さまの教育費のため、自分自身が亡くなったときの葬儀代やお墓代のためなどがあります。
保険金額を決めるにあたり、まずは何のために残すのかを明確にして、その目的によって適切な保険金を設定しましょう。

生命保険の保険金額の決め方について、さらに詳しく知りたい方は、「保険金額の決め方」をご覧下さい。

保障期間の選び方

保障期間を選ぶにあたり、考えるポイントは残された家族のために残すお金はいつまで必要かです。生きている中でも、生活費などはずっとかかり続けますが、例えば教育費などはお子さまが自立するまでの間という様に期間が決まっています。
保険金の選び方で何のために残すお金なのかを明確にしましたら、次は、それがいつまでの間必要なのかを明確にして、適切な保障期間を設定しましょう。

保障期間の選び方について、さらに詳しく知りたい方は、「保障期間の選び方」をご覧下さい。

保険料払込期間の選び方

保険金、保障期間が決まりましたら、その生命保険に加入するために必要な保険料が分かるようになりますので、次に保険料払込期間を選びます。保険料払込期間を選ぶにあたり、考えるポイントは、保険料が毎月の家計を圧迫しないかです。保険料を短期で支払い終えたい場合、その分月々支払う保険料は高くなります。月々の収支バランスを考えながら、家計を圧迫しない保険料はいくらなのかを明確にして、そのための適切な保険料払込期間を設定しましょう。

保険料払込期間の選び方について、さらに詳しく知りたい方は、「保険料払込期間の選び方」をご覧下さい。

特約の選び方

特約を選ぶにあたり、考えるポイントは必要な保障は何なのかです。オプション契約である特約は、現在様々な種類の特約が出ており、それぞれ主契約である生命保険に付けることができますが、特約を付けすぎてしまうとその分保険料は上がっていきます。まずはご自身の中で本当に加入すべき必要な保険は何なのかを明確にして、目的に見合った特約だけを付けるようにしましょう。

特約の選び方について、さらに詳しく知りたい方は、「特約の選び方」をご覧下さい。

生命保険加入の目安

保険金、保障期間、保険料払込期間、特約によって必要な生命保険の形が見えてきましたが、果たしてそれが周りの同年代の人たちと比較して適切なのかどうか、不安に思われるかもしれません。また、自分で選ぶのは難しいと思う方もいると思いますので、生命保険に加入する時の目安を参考にしてみましょう。

生命保険加入の目安について、さらに詳しく知りたい方は、「生命保険加入の目安」をご覧下さい。

<< 生命保険 比較保険金額の決め方 >>



会員登録 ログイン