保険の情報サイト【インズネクスト】β

検討の必要性

生命保険 比較

生命保険を見直さなければいけない1番大事なポイントは残された家族が安心して生活していけるかです。

生命保険は、自分が亡くなった時、残された家族のために残すお金です。保険金を受け取り、保険金によって生活をしていくのは自分以外の家族です。

様々なライフイベントに変化が起きたとき、なぜ生命保険の見直しが必要なのか詳しく見ていきましょう。

結婚したとき

結婚すると、自分1人の生活から夫婦2人の生活となります。夫婦2人の生活となることで住居を変えたり、共働きの方は夫婦2人の年収を合わせた生活水準になります。

結婚後に亡くなってしまった場合、残された家族は社会復帰をしなければならなくなったり、支出を減らすために住居を変えなければならなくなったりと、生活の立て直しが必要となります。生活を立て直すために必要な保険金が残せるか、生命保険を見直す必要があります。

出産したとき

出産して家族が増えるというのは、必要なお金が大きく変わることでもあります。残された家族が生前と同じ生活を送るための生活費やお子さまの教育費などのお金が今の保険金で足りているか、生命保険を見直す必要があります。

お子さまが自立したとき

お子さまが自立すると、子供の教育費や毎月の生活費など、家族の支出は大きく減ります。亡くなった場合でも、お子さまの教育費や高額な生活費を残す必要がなくなるため、出産した時に大きな保険金の生命保険に見直した場合は、保険金を減らすことで保険料を安く抑えることができるので、生命保険を見直し、毎月の出費を減らしましょう。

様々なライフイベントの変化において、生命保険を見直す必要性が分かりましたら、次は見直し検討のポイントについて見ていきましょう。

<< 生命保険の見直し生命保険 比較検討のポイント >>



会員登録 ログイン