保険の情報サイト【インズネクスト】β

検討の注意点

生命保険 比較

生命保険見直しを検討する際に、最も注意しなければいけないことは加入中の生命保険をむやみに解約しないことです。

生命保険の種類ごとに、見直しの注意点について、詳しく見ていきましょう。

定期保険の見直しを検討する際の注意点

定期保険は掛け捨て保険のため、解約返戻金がないので、見直しにより保険料が今より安くなる場合は、見直して良いでしょう。ただし、生命保険は契約する年齢が上がるにつれて保険料は高くなっていきますので、見直した結果、保険料が上がってしまう場合が多いので注意が必要です。

終身保険、養老保険の見直しを検討する際の注意点

終身保険や養老保険は、貯蓄保険で解約返戻金があるので、むやみに解約してしまうと、解約返戻金がほとんど受け取れない場合があります。貯蓄のために今まで積み立ててきたお金が無駄になってしまう可能性があるので、有効活用できる方法はないか再度検討する必要があります。

今加入している終身保険、養老保険を有効活用する方法は以下です。

・「契約転換」の活用

今加入中の生命保険の解約返戻金を原資に新しい保険に入りなおすことを言います。今加入中の終身保険、養老保険を解約して解約返戻金を受け取り、新たに新規加入することと同じです。

・「払済保険」の活用

今加入中の生命保険の解約返戻金を使って、その金額で加入できる保障額の保険に切り替えることを言います。払済保険をした場合、死亡保障の額は今までよりも減りますが、保険料の支払いはなくなるため、今まで支払った保険料を将来に活かすことができます。

・「延長定期保険」の活用

今加入中の生命保険の解約返戻金を使って、その金額で加入できる保険期間の定期保険に切り替えることを言います。延長定期保険をした場合、それ以降の保険料の支払いはなくなるため、今まで支払った保険料を将来に活かすことができます。

生命保険の見直しについて理解できましたら、ライフプランシミュレーションを通じて、見直しが必要となる時期、見直しで必要となる保障額について確認してみましょう。

<< 生命保険の見直し生命保険 比較ライフプランシミュレーション >>



会員登録 ログイン