保険の情報サイト【インズネクスト】β

消費税増税の生命保険への影響

生命保険 比較
投稿日: 2014-09-17 19:35

2014年4月、ついに消費税が5%から8%に増税されました。この増税が、家計に影響を及ぼすことは間違いがありません。

全国商工団体連合会によると、今後消費税が10%に増税されると世帯年収350-400万円のご家庭で年間負担額が11万8,261円増になるそうです。(全国商工団体連合会「消費税率が10%になったときの年収別の年間負担増」

はたして、生命保険の保険料にも消費税増税の影響はあるのでしょうか?

消費税増税で保険料は上がるのか?

保険会社に支払う保険料は消費税の対象にはなっておらず、課税されません。また、受け取る保険金に関しても、消費税の課税対象外となっていますので、消費税はかかりません。

このように、契約者が支払う保険料にも受け取る保険金等にも消費税はかかりません。

しかし、その際に頭に入れておいて頂きたいことがあります。

保険会社は増税の影響を受けている

契約者にとっては消費税増税は、支払う保険料にも受け取る保険金にも影響がありませんが、保険会社の場合、事業を行うために支払っているオフィスの家賃や手数料などは、消費税の課税対象となっています。

これにより、保険会社の収入はこれまでと変わらないのですが、出費は増えてしまうこととなり、各社の収支は悪化してしまうこととなります。このような状況を受けて、今後保険会社が保険料の引き上げを検討する可能性もあるかと思います。

現状で言いますと各保険会社は、保険料の引き上げには難色を示しており、税額控除を訴えている状況ですが、今後の保険会社の動きには注目しておく必要があります。

(INSNEXT 保険ニュース 編集部)

関連ニュース


会員登録 ログイン