保険の情報サイト【インズネクスト】β

生命保険とは

生命保険

生命保険とは、保険の対象となる方が亡くなった時に、残された家族にお金を残すための保険の総称を指し、「死亡保険」のことを生命保険と呼びます。

生命保険について見ていきましょう。

生命保険はどのような仕組みになっているか?

生命保険は、主契約特約によって成り立っています。主契約は根幹となる保障のため、それ自体で契約することができますが、特約はオプションによる契約のため、単体で契約する事はできません。

まずは主契約を何にするのかを決め、オプションとしての特約に何を付加するのかを選ぶと良いでしょう。

生命保険の仕組みについて、さらに詳しく知りたい方は、「生命保険の仕組み」をご覧下さい。

生命保険にはどのような種類があるか?

生命保険は定期保険終身保険養老保険の3種類があります。

・定期保険

定期保険とは「期間が定められた保険」の総称を指し、契約時に保障を受けられる期間を決めます。収入保障保険と呼ばれる保険も定期保険の種類の一つです。掛け捨て保険とも呼ばれます。

・終身保険

終身保険とは「一生涯保障の保険」を指し、契約時に保障を受けられる期間は一生涯と決められています。保険を継続していれば亡くなるまで保障が続くため、必ず死亡保険金を受け取ることができます。解約返戻金があるという点も特徴の一つです。

・養老保険

養老保険とは「生死混合保険」と呼ばれ、契約時に保障を受けられる期間を決め、その期間中に亡くなった場合でも、期間が満了する時に生きていた場合でも保険金を受け取ることができます。

生命保険の種類について、さらに詳しく知りたい方は、「生命保険の種類」をご覧下さい。

生命保険が必要なとき

生命保険は他の金融商品と違い、対象となる方が亡くなった時に保障を受けることができます。葬儀代や残された家族の生活費、お子さまの教育費などを預貯金で準備しようとした場合、必要となる金額に達するまでには時間がかかります。生命保険は契約した日からいつでも、亡くなった場合には残された家族が必要となる保険金を受け取ることができるという保障があります。

生命保険の必要性について、さらに詳しく知りたい方は、「生命保険の必要性」をご覧下さい。

<< 生命保険 比較生命保険の仕組み >>



会員登録 ログイン