保険の情報サイト【インズネクスト】β

養老保険とは

養老保険

養老保険とは、生命保険の一つですが他の保険と少し特徴が異なります。 まず、保険の対象となる方が亡くなった時には、残された家族にお金を残せます。ここは普通の生命保険と一緒ですね。違う部分は、保障期間が完了した時に保険の対象となる方が生きていた場合、満期保険金というお金を受け取ることができるんです。そのため、「生死混合保険」とか「貯蓄保険」とも言われる保険です。

養老保険について見ていきましょう。

養老保険はどのように仕組みになっているのか

養老保険の仕組み自体は他の生命保険と同様、主契約と特約によって成り立っています。主契約は根幹となる保障で、死亡保障と呼ばれる、保険の対象の方が亡くなったときに残された家族にお金を残す保障です。また、満期保険金は主契約で決めた死亡保障額と同じ金額になります。

まずは主契約としての死亡保障を決め、オプション契約としての特約に何を付ければ良いかを選ぶと良いでしょう。

養老保険の仕組みについて、さらに詳しく知りたい方は、「養老保険の仕組み」をご覧下さい。

養老保険にはいくつか種類が存在するのか?

養老保険の種類は1種類のみです。養老保険と言えばどの保険会社が取り扱っている養老保険もほぼ変わらない保険です。

養老保険の種類について、さらに詳しく知りたい方は、「養老保険の種類」をご覧下さい。

養老保険は本当に必要なのか?

養老保険は生きた場合でも亡くなった場合でも保険金を受け取ることができる保険のため、保険料は他の生命保険と比べて割高です。このような特徴を持つ養老保険の必要性について確認してみてください。

養老保険の必要性について、さらに詳しく知りたい方は、「養老保険の必要性」をご覧下さい。

<< 養老保険 比較養老保険の仕組み >>



会員登録 ログイン