保険の情報サイト【インズネクスト】β

契約者の選び方

学資保険 比較

学資保険の契約者とは、その保険における保険料を支払う人を指し、通常では世帯主の方が契約者となる場合が一般的です。ではなぜ学資保険では契約者選びが大事なのでしょうか。

学資保険における契約者の特徴、選び方についてそれぞれ見ていきましょう。

学資保険の契約者の特徴

生命保険など他の保険商品の契約者は、保険料を支払う以外に、死亡保険金や満期学資金、解約返戻金の受け取りの時の税金の違いから契約者を選ぶ方法があります。

学資保険における契約者の特徴については以下のようになります。

・契約者が亡くなった場合、保険料の支払いが免除されるが、契約時の満期学資金が受け取れる

学資保険では、契約者の方が亡くなった場合、その時点で保険料の支払いが終了します。それ以降の保険料を支払う必要がなくなりますが、お子さまが進学する時に受け取る満期学資金は、学資保険を契約した当初に設定した満期学資金を受け取ることができます。
例えば世帯主の方が契約者の場合、世帯主の方が亡くなったとしてもお子さまに安心して進学できるよう、契約者の方に死亡保障が付いているのです。

・契約者の性別の違いについて保険料の優遇がある

学資保険の契約者は、男性か女性かによって保険料が異なります。男性よりも女性の方が保険料が安く設定されており、世帯で考えると奥様が契約者となった場合の方が保険料は安くなります。
この保険料の安さは、満期学資金の返戻率とも関係があり、女性が契約者となった方が返戻率は高くなります。

契約者の選び方

契約者の特徴で、死亡保障がある点、女性の方が保険料が安くなる点について見てきましたが、では実際に契約者は誰にすればよいのでしょうか。

やはり、契約者は世帯主の方とするのが適切でしょう。お父さまが世帯主であれば契約者はお父さま、お母さまが世帯主であれば契約者はお母さまとするのが良いです。

性別によって保険料、返戻率の差はありますが、亡くなった時の保障は必ず世帯主でなければなりません。もし契約者が世帯主の方でない場合は、見直すことも検討されると良いでしょう。

<< 学資保険の選び方|学資保険 比較特約の選び方 >>



会員登録 ログイン