保険の情報サイト【インズネクスト】β

学資保険の選び方

学資保険

学資保険を選ぶにあたって、何を基準に選べばよいのでしょうか。満期学資金はいくらが適切か、受け取り時期はいつが良いか、契約者は誰にすべきかなど考えなければいけない事は沢山あります。

学資保険の選び方について、考えなければいけない項目についてそれぞれ見ていきましょう。

まずは、学資保険の受け取り金額を決めましょう

まずは、学資保険の満期時にいくら受け取りたいかを選びましょう。満期保険金の金額は、大学進学時に受け取りたい金額です。大学進学時は入学金、授業用だけでなく、受験費用、施設利用料なども必要となりますので注意が必要です。満期学資金がいくら備えるのが適切かを確認してみてください。

満期学資金の選び方について、さらに詳しく知りたい方は、「満期学資金の決め方」をご覧下さい。

金額が決まったら、次は受け取り時期を選ぶ

次に、受け取り時期について選びましょう。お子さまの進学は大学だけではなく、小学校、中学校、高校といくつも進学します。大学進学時だけ受け取るか、他の進学時期も受け取るかで大きく変わってきますので、適切な受け取り時期について確認してみてください。

受け取り時期の選び方について、さらに詳しく知りたい方は、「受け取り時期の選び方」をご覧下さい。

誰を契約者にするかを決める

契約者とは、学資保険の保険料を支払う人を指します。学資保険は契約者によって保険料が変わったり、契約者への保障が付いていたりしますので、契約者は誰にするのが適切か確認してみてください。

契約者の選び方について、さらに詳しく知りたい方は、「契約者の選び方」をご覧下さい。

最後にオプションとしての特約について考える

学資保険にも根幹となる主契約にオプション契約として特約を付けることができます。満期学資金、受け取り時期、契約者が決まりましたら、学資保険の形が決まりますので、特約は何があるか、何を選べばよいか確認してみてください。

特約の選び方について、さらに詳しく知りたい方は、「特約の選び方」をご覧下さい。

<< 学資保険 比較満期学資金の決め方 >>



会員登録 ログイン