保険の情報サイト【インズネクスト】β

他の学資保険に切り替えるには

学資保険 比較

学資保険の見直しにより、他の学資保険に切り替える場合について説明していきます。今加入中の返戻率を良くするために特約を解約し、受け取り時期を変更してもなお、他の学資保険に切り替える必要性が出来た場合は注意が必要です。

他の学資保険に切り替える時の注意点について詳しく見ていきましょう。

切り替えはお子さまの年齢が7歳まで

学資保険を切り替えるとき、いつでも切り替えができるわけではありません。満期学資金は受け取る時期が「17歳」「18歳」と決められており、積み立てができる期間に限りがあります。また直前で切り替えようとしても、1回の積立額が非常に多くなったり、プラスにして返還することができなくなってしまいます。

学資保険を切り替えるのは、子供の年齢が7歳までですので注意が必要です。

今の学資保険は解約すべきか

学資保険は、学資金の積み立てをするという特徴のため保障部分はほとんどありませんが、積立て途中で解約した場合、返ってくるお金はそれまで積み立てたお金よりも少なくなります。

どれだけ返戻率の良い学資保険に切り替えても、今加入中の学資保険を途中解約したことで損が出てしまっては意味がありません。

他の学資保険に切り替えるときに今の学資保険をどのようにすればよいか紹介します。

・払済保険に切り替える

学資保険を払済保険にすれば今まで積み立ててきたお金を無駄にすることなく、今後の積み立てをストップし、満期時には再計算された満期学資金を受け取ることができます。

他の学資保険に切り替えるときは、今の学資保険は払済保険に切り替えましょう。

ライフプランシミュレーションで将来かかる学費をチェックする

INSNEXTでは学資保険選びに便利なライフプランシミュレーターをご提供しています。お子さまを幼稚園から大学までの各ステージで公立・私立を選択することでどの程度の費用がかかるかを簡単に確認することが出来ます。登録不要・無料でご利用できますので、是非試してみてください!

2014-11-13 14:51:44にアップロードした画像


<< 学資保険の見直し学資保険 比較



会員登録 ログイン