保険の情報サイト【インズネクスト】β

学資保険の返戻率の考え方

学資保険 比較
投稿日: 2014-09-29 21:34

学資保険について調べていると「返戻率(へんれいりつ)」という言葉を良く目にすると思います。この「返戻率」について理解しておくことは、学資保険を選ぶ際にとても重要なこととなります。ここでは学資保険を選ぶ際に知っておいて欲しい「返戻率」の考え方について解説していきます。

返戻率とは?

そもそも「返戻率」とは、何なのでしょうか?「返戻率」とは契約者が支払う保険料の総額に対して受け取ることのできる「満期保険金と、お祝い金や一時金の合計」の割合のことです。

【返戻率の計算式】 2014-04-14 19:33:07にアップロードした画像

返戻率の考え方

「返戻率」の割合が、高ければ高いほど、支払う保険料よりも受け取る金額の方が大きくなり貯蓄性の高い学資保険となります。返戻率が100%未満になる現象を「元本割れ(がんぽんわれ)」と言います。「元本割れ」というと聞こえが悪いですが、元本割れになる学資保険の多くは、貯蓄性の他に、万が一、子供が病気になった場合やケガをした場合の入院保障や医療保障など保障が充実しており、これらが含まれることで、返戻率が低くなっています。

貯蓄性を考えて学資保険に加入する場合は、「元本割れ」の学資保険は好ましくないですが、これから学資保険を探そうと考えてらっしゃるご家庭では返戻率だけで学資保険を選ぶのではなく、ご自身のニーズに合わせて学資保険を選ぶことをおすすめします。

関連ニュース


会員登録 ログイン