保険の情報サイト【インズネクスト】β

入院日額の選び方

がん保険 比較

がん保険における入院日額の選び方について説明していきます。一日に給付される入院日額を選ぶにあたり、大事なポイントは何に備えていきたいかです。入院日額を選ぶポイントについて見ていきましょう。

がん治療にかかる費用だけを備える

まずは、がん保険の保障の根幹となる、入院・手術をしたときにかかる費用に備えたい場合を考えていきます。

現在、がんに限らず病気の治療には高額療養費などの様々な医療支援制度が整っています。また、健康保険適用の治療を行った場合、自己負担額は3割となります。

がん治療にかかる自己負担額3割に備える場合は、がん保険は給付金日額5,000円あれば足りるでしょう。ただし、がんの治療には大学病院などの大規模病院で治療したい、病室は個室が良い方は最低限でも日額10,000円は備える必要があります。

就業復帰までの生活費にも備える

がんの治療にかかる費用だけではなく、就業復帰までの間の収入の減少における生活費にも備える場合はどうでしょうか。

毎月の生活費や住宅費は人それぞれによって異なります。傷病手当金によって、休業期間中の収入の一部補てんはありますが、満額ではないため、足りない分については自分で準備する必要があります。

1ヶ月にかかる生活費の総額を割出し、傷病手当金で受け取れる金額を引き、残った足りない分をがん保険によって備えるようにしましょう。

<< がんの平均入院日数・費用がん保険 比較保障期間・保険料払込期間の選び方 >>



会員登録 ログイン