保険の情報サイト【インズネクスト】β

がん治療方法

がん保険 比較

がんの一般的な治療方法について説明していきます。がん治療方法は3種類あります。手術放射線治療抗がん剤治療です。

それぞれの特徴、がん保険による保障について見ていきますので、がん保険の見直しの参考にしてみてはいかがでしょうか。

手術

がん治療方法の1つは、外科医による除去手術を行うことです。もっとも一般的かつ以前から行われていた治療方法です。

除去手術によってがんを取り除くことは、いつでもできるわけではありません。がんは進行していく病気で、あまりにも進行している場合や体の他の部分に転移している場合は手術では取り除くことができません。初期段階のがんの治療方法です。

がん治療で手術を行った場合、がん保険の主契約の保障である手術給付を受けることができます。がん手術にかかる費用を確認し、がん保険の手術給付金では足りない場合は見直しが必要です。

放射線治療

続いて、がん治療方法に放射線治療があります。放射線治療とは、がんとなっている部分を含めて放射線と呼ばれる光を浴びることでがん細胞を消滅させます。

放射線治療は単体で治療することはあまりなく、手術を受けられた方、抗がん剤治療を行っている方が並行して放射線治療を行っています。

現在、がん保険では放射線治療特約と呼ばれる特約が出ており、1回の放射線照射ごとに一定額の給付金が受け取れます。

今加入中のがん保険に放射線治療特約を付けたい方は、ぜひ見直してみてください。

抗がん剤

最後に抗がん剤治療です。抗がん剤とは、がん治療のための薬を指します。抗がん剤を服用することでがんの進行を抑えたり、がんを縮小させることができます。

抗がん剤治療は単体で治療することはあまりなく、手術を受けられた方、放射線治療を行っている方が並行して抗がん剤治療を行っています。

現在、がん保険では抗がん剤特約と呼ばれる特約が出ており、抗がん剤を投与している期間中、1ヶ月につき一定額の給付金を受取れます。

今加入中のがん保険に抗がん剤特約を付けたい方は、ぜひ見直してみてください。

<< がん保険の見直しがん保険 比較重粒子線治療 >>



会員登録 ログイン