保険の情報サイト【インズネクスト】β

重粒子線治療

がん保険 比較

がん治療の先進医療は重粒子線以外にも様々ありますが、先進医療としての治療方法としてもっとも有名で、成功例が多いのが重粒子線治療です。

先進医療とは何か、重粒子線治療とは何か、詳しく見ていきましょう。

先進医療とは

先進医療とは、今現在公的医療保険認定の審査を受けている技術による治療を指します。公的医療保険認定の審査を受けている技術なので成功例は多くありますが、実施できる病院は限られます。

公的医療保険認定に認められると、一般的に知られている自己負担額3割の治療となりますが、現在は審査中であるため、全額自己負担です。

この先進医療を利用したときの費用を補てんしてくれる保障があり、先進医療特約やがん先進医療特約と言います。 がん治療は年々進化していますので、医療技術の進化に合わせたがん保険の見直しが必要です。

重粒子線治療とは

重粒子線治療とは放射線治療の1つですが、通常の放射線治療と違い、がん病巣にピンポイントで照射して治療するため、他の健康な部分への影響を最小限に抑え、副作用も最小限に抑えることができます。現在、重粒子線治療を受けることができる病院は全国で5箇所あります。

この重粒子線治療は全額自己負担で、その費用は約300万円かかりますが、先進医療特約、がん先進医療特約に加入していた場合、この技術料のすべてを保険によって補てんしてくれます。

ご自身ががんとなった時にどのような治療を受けたいか、それによってがん保険を見直してみてはいかがでしょうか。

<< がん治療方法がん保険 比較高額療養費(がん治療) >>



会員登録 ログイン