保険の情報サイト【インズネクスト】β

がん保険の見直し

がん保険

がん保険の見直しを検討する際に、一番大切なのは現状のがんの治療方法や治療支援制度について知ることです。

こちらを理解した上で、現在加入中のがん保険はきちんとご自身に必要なお金が給付される保険なのか、ご自身には多すぎるお金が給付される保険なのか確認をしてください。給付されるお金が少なければ多くしなければならないですし、多すぎるのであれば少なくする必要がありますね。

一般的な3つのがん治療方法

がんの治療方法として、一般的な方法は3つあります。これらの治療に対する保障を行っているがん保険もありますので、がん保険の見直しをする際に確認してみてください。

・手術を行う方法

もっとも一般的な方法は、外科医によって除去手術を行う方法です。

・抗がん剤治療

薬を用いてがんを縮小させる治療方法です。副作用があるなどのリスクも伴います。

・放射線治療

放射線と呼ばれる光を充ててがんを死滅させる治療方法です。全身照射した場合、体の機能の一部が機能不全となるなどのリスクも伴います。

がんの治療方法について、さらに詳しく知りたい方は、「がん治療方法」をご覧下さい。

重粒子線治療とは何なのか?

がんの治療方法でもっとも先進的な治療方法は、重粒子線治療です。重粒子線治療を受けられる病院は限られていますが、副作用を起こさず完治するなど成功例も多く出ています。がんの治療方法として、先進医療を選ぶかは見直すときに非常に重要なポイントになります。

がんの先進医療について、さらに詳しく知りたい方は「重粒子線治療」をご覧下さい。

絶対に知っておいて欲しい「高額療養費」

がん治療支援制度の一つとして、高額療養費があります。高額療養費とは、がんの治療1回に要した治療費が一定額を超えた場合、一部返還されることで自己負担額を減らすことができる制度です。

がんの治療は他の病気と比較して非常に高額になるだけでなく、公的医療保険認定ではない、自由診療による治療などもありますので、高額療養費制度をしっかり確認し、がん治療に役立てるだけでなく、不足分をがん保険で補てんするなど見直しに役立ててください。

がん治療支援制度について、さらに詳しく知りたい方は「高額療養費(がん治療)」をご覧下さい。

<< がん保険 比較がん治療方法 >>



会員登録 ログイン