保険の情報サイト【インズネクスト】β

がん保険はこれだけ押さえておけば大丈夫!

がん保険 比較
投稿日: 2015-01-08 17:18

がん保険はこれだけ押さえておけば大丈夫!
photo by Phalinn Ooi

「がん」は誰でもかかる可能性のある恐ろしい病気です。しかし、医療の進歩によりしっかりと治療をすれば、治るケースも多くなってきており、治療費の準備をしておくことが必要となります。

そんな中で検討される方も増えてきているのが「がん保険」です。保険商品の中で唯一病気名の付いた保険であり、保険会社各社が様々な商品を販売しています。

今回は、そんな数多くあるがん保険を選ぶ際に抑えておきたいポイントを解説していきたいと思います。

選べる2つの保障期間

がん保険には、一定期間のがん治療を保障してくれる「定期タイプ」と一生涯を保障してくれる「終身タイプ」の2種類があります。

一定期間のがん治療を保障してくれる「定期タイプ」は、なんといっても保障期間は一定の期間ながらも終身タイプに比べて割安となっており、若く働き盛りの期間のみカバーしておきたいと考える方にはピッタリのタイプであると言えます。

定期タイプに比べて保険料は割高になるものの、長期にわたってがんに対して対策をうっておきたい方にとっては、終身タイプがおすすめです。

押さえておきたいがん保険の仕組み

がん保険を検討する際に押さえておきたいのが、「診断給付金」「入院給付金」「手術給付金」という3種類の給付金です。

診断給付金は、がんと診断された時にもらえる給付金で、入院給付金、手術給付金は、それぞれ入院した時、手術をした時にもらえる給付金です。がん保険は基本的にこの3つの給付金を基本としており、それぞれどのタイミングでいくらがもらえるかというのが商品を選ぶ際の基本となります。

これに加えて特約も重要なポイントとなります。がん保険も他の保険商品同様、給付金で比較をすると各社似たようなものが多いですが、この特約で差別化を図り、競争をしています。まずは、給付金がどのタイミングでどれぐらいの金額がもらえるかを確認した後、それぞれの保険商品の特約を確認すると良いでしょう。

まとめ

・保障期間は、「定期」と「終身」の2タイプ。自分の考えに合った期間を選ぼう! ・がん保険のチェックポイントは、「給付金」がどのタイミングでどれぐらいもらえるかをチェックしよう! ・同じようながん保険で悩んだら「特約」をチェックしよう!

がん保険は、これらを決めた上で、最終的には月々支払うこととなる保険料とのバランスを見て検討してみてください。

がん保険は、こわい病気ですが、治らない病気ではなくなってきています。いざという時に備えて万全の準備をしておきましょう。

(INSNEXT 保険ニュース 編集部)

関連ニュース


会員登録 ログイン