保険の情報サイト【インズネクスト】β

がん保険の必要性

がん保険 比較

がん保険の必要性について説明していきます。そもそもなぜ、がん保険は必要なのでしょうか。がん保険の必要性について見ていきましょう。

がんの罹患率

まず初めに、がんという病気そのものについて知っていきましょう。がんという病気を聞いたことがあるという方は非常に多いと思いますが、一体どれだけの割合でがんになるのでしょうか。

がん罹患率の統計によりますと、2011年時点においての罹患率は、男性約53%、女性約41%です。男性の方は2人に1人ががんに罹患し、女性の型は2.5人に1人ががんに罹患します。

この罹患率は年々上昇しており、1985年から比較すると、男性・女性ともに約2倍に上がっています。食生活の変化や平均寿命の変化など、様々な要因が考えられますが、決して他人事ではない病気であることが分かります。

がんの治療方法

がんの治療方法は年々進化しています。以前は手術によって切除する治療方法しかありませんでしたが、現在では放射線治療、抗がん剤治療、先進医療による治療など様々あります。

しかし、今現在でもがんを治療する方法は確立されておらず、一般的な病気による治療で見られる、自己負担額3割で良いとされる保険診療だけでなく、全額自己負担である自由診療も数多くあります。また、保険診療で治療していた方が途中で自由診療に切り替えた場合、混合診療と呼ばれ、すべて全額自己負担となる場合もあります。

このように、がん治療には非常に高額の費用がかかります。また、治療費だけでなく、治療中は仕事を休まなければならないため、収入面においても不安定になります。がんの治療費以外にも毎月の生活費を補てんできるだけのがん保険の保険金を備えておくことが必要です。

がん保険の必要性が分かりましたら、ライフプランシミュレーションを通してがんの治療にかかる費用、がん治療中に必要となる生活費について確認し、がん保険を検討してみてはいかがでしょうか。
2014-11-11 12:31:06にアップロードした画像


<< がん保険の種類がん保険 比較



会員登録 ログイン