保険の情報サイト【インズネクスト】β

がん保険とは

がん保険

がん保険とは、がんで入院や手術などの治療をしたときにお金がもらえる保険のことです。

ここではがん保険とはどんなものであるかを詳しく解説していきます。

まずは、がん保険の仕組みから理解しましょう

がん保険の仕組みは、医療保険と同じく、主契約と特約にで成り立っており、主契約で、がんで入院したときにかかる入院費用、入院に関わらず手術したときにかかる手術費用を補てんしてくれます。

まずはがんで入院したときに1日あたりいくら受け取りたいかを決め、オプションとしての特約に入院・手術以外にかかる費用の何を補てんしておきたいかを選ぶと良いでしょう。

がん保険の仕組みについて、さらに詳しく知りたい方は、「がん保険の仕組み 」をご覧下さい。

2種類のがん保険「入院給付型」「診断給付型」

がん保険は医療保険の種類とは若干異なっており、入院給付型診断給付型の2種類があります。

・入院給付型のがん保険

入院給付型とは、がんで入院した時に給付金が受け取れるがん保険を指します。

・診断給付型のがん保険

診断給付型とは、がんと診断されたときに給付金が一時金として受け取れるがん保険を指します。

がん保険の種類について、さらに詳しく知りたい方は「がん保険の種類」をご覧下さい。

がん保険に必要性はあるのでしょうか?

がんは他の病気と異なり、発症してから完治するまでに非常に高額な費用と長い時間がかかります。がんを患ったために経済的負担を強いられたり、将来の夢を諦めなければならなくなったりしないよう、しっかり備えておく必要があります。

がん保険の必要性について、さらに詳しく知りたい方は「がん保険の必要性」をご覧下さい。

<< がん保険 比較がん保険の仕組み >>



会員登録 ログイン